温泉宿の夕食は早いので5時とか夜お腹すく

のよねっ売店も10時には閉まる

 

ので困るし、あまりお腹に溜まるもの

 

置いてないのよ。おやきなら冷凍で3個パンもあったけれどもーあんまりパンは好みではなかったしーおやきはチンがレジの近くにあって使えるらしいけれどもちょっと勇気を出して

 

 

聞いてみる。『あの?カップラーメンとか』

 

『置かないんですか?』いや夕食早い

 

からなどと言い訳したり。気圧で破裂

 

したりするそうだ。下のコンビニから

 

買ってくるとー話も終わりきらない

 

うちに〜え?コンビニ?

 

『はい、20キロ先に』えっあぁー

 

『・・・』そういえば売りもんのポテチ

 

の袋がパンパンになってる じゃぁ針で

 

穴開けとけば?酸化するからダメなん

 

ですよーと会話は続く。なるほどねー

 

とこの売店の人、後にただモンでは

 

ない人だとわかる。講義したり。

 

成る程な感じ