返済記録はあるが現金を手渡して返していた

記録が残っていないのは現金になる

が、倒れて入院する迄は返済していた

そうだっ。通帳を見ればわかる

何もかも人のせいにするわけにいかないしお金を借りたなら返すのは当たり前の話だっ

只 私は側で見てきたが750万借金があったから仕事は続けられたのだっこれが250万とか だったらとっくに辞めていたほど何にしても修行としか言えない毎日だっお掃除は綺麗になり気持ちがいいものだがそんなに自宅のそれとは違う まぁ個々のモチベーションの違いにもよるのだろう。対価の感謝が下手で誰に対しても中途半端な対応になっている 自分を呼んでくれたのなら誰のおかげで私達があるのかを上から目線だから可愛くない、やってあげたい私と、見積もり以上の事はやらない旦那と対決してる様なんて恥ずかしいだけで、かなり見っともない。プロとして最悪なのだ

リフォーム屋に身体壊される前に、支えてくれたお客様に身体壊すまで恩を返さないでどーするのだっ

逆だ だから私達は駄目なのだ

外で就職も一切働いた経験もない完全な主婦3番目が何を言おうと側で私が見て、共に働き感じた事で敢えて言うなら、私が社長だったならとっくに馬鹿らしくて辞めていただろう 駄目だった甘えもあるだろうし。ポジティブには中々なれない

 

借金を返済しないとならない試練がなんとか支えて来ていたというのはある。 

旦那の場合は妥協とかないから

只 根が真面目過ぎて手の抜き所もわからず自分の身体や神経を病んでしまった

のだっ 世の中は搾取される側は決まって搾取されながら生きていかなければならないのだっスーと無言で¥1.000だの

こちらに落ち度もなく何も変わらないのに、それだけ仕事を頂いてる物は弱く

親方(仕事を取ってくる人)は偉いのだっ

しかし750万払って、パート並みの仕事をやるのか?技術として納得してもらって仕事をして行くのか説明やお客さんとコミニケーションができなければ宝の持ち腐れになる 。お互いに感謝も何もない  技術だけでも足りない   技術として¥1000の仕事 ¥3.000の仕事¥5.000の仕事¥10.000の仕事だっまぁできない事もない。汚れはどこにもある 使えば汚れるし落とせる落とす できる 何時から何々宅ではないし比較できないが 落とし具合しかない手間と言う事 時間になる。汚れ具合もマチマチだっある家のヤカンは底が焦げてヤカンの色が真っ黒になっていた

基本 食器や調理器具は触らないが例えの話、ある家はヤカンは磨いてあるが油汚れが壁に飛び 等々違いは数限りなくある だから難しいのだ 焦げ落としなど果てしない時間がかかる 専用のクリーナー洗剤もあるがやはり結果を出すならば擦る時間が必要になる場合によっては漬ける 根気良くこする、こすってこするだけだっ。地道な作業となる

しかしながら旅行の前日またスーっと搾取されかかった時に旦那はリフォーム屋に聞いた 理由を 何度も続くようであれば取引中止したいと。これが言えなくて

スーと姿をくらます業者が沢山いるのだっ どっちにしても仕事は時代と共に変化して行く事はある  繁忙期の無言の値下げよ。繁忙期は受注が重なり重なれば単価も高くなる筈だが食わせてやってるは無言で圧力をかけてくる

するとリフォーム屋の事情を知る事になる我々には全く関わりがある内容ではなさそうだっ枠内の出せないだから仕方ないだろう的な。それは魅力を伝えきれてない為にお互いがお互いの首を絞めあっているだけなのだっ相手にわかってもらう努力をしてこなかった。こうこうこうでかかると言えば必ず出すわけで。でなければ自分でやらなければならない。手落ちがあったり。あくまでも

不動産とリフォーム屋との金銭面の中の話で。見積もりが苦手な私達がとやかく言う立場ではないから何も言わないが

旦那が嚙みつけたのも母が残してくれた

物が大きいのだっ生活の基盤が変わると言う事