湧水を汲みに行く途中に17時前

遅いお昼を食べようと したらワンコがお出迎えしてくれた。フレンチブルドックか黒白の賢くて人懐こい

どんと焼きおにぎりを半分ずつ食べようと頼んだ 山の上はなんでもお高くつくし早く閉まる 節約せねばと インドネシアか何人がわからないが接客してくれて器をお借りして食べたら 美味しいのだスープが甘くて濃いお味で。丼ものやその他の天ぷらやそば類は全て売り切れ

仕方ない 話してたから ご馳走様してブルと遊び

湧水ん目指すと今度はパン屋さんが開いてます。建物もこだわりのレンガでオシャレです。こちらは毛足の長い猫ちゃんが看板娘です。お年頃だか外に出たくて

ウズウズしている様子です 店主が抑えてる隙にそぉっと入店して一通り眺めると沢山 美味しそうなパンがズラリと並んでいます。ちくわパン 野沢菜 ピザ

カフェ・オ・レ クリーム  紫芋  エピ

しかも別カゴにはほとんど半額です

持てないほと買い込んでも¥1000もかかりません。車に乗るなりかじります

どれもよく考えられてます。でもあんなに沢山作って もっと買っても良かったと後悔した位です 湧水はお話の通り

ひっそりと街を守ってるそんな感じです

水筒にいっぱい詰めてご飯を炊いたり

道中飲んだり、家に着いて珈琲を入れたら最高です ご飯も甘い感じがしました