磁気椅子は8月2日で終了してしまう

無料だが期限が決まっている

限定何とかとか いつ迄と区切りがあると人は焦る

それが購入へと誘う手段になるのだ

CMを視ていたり いい例ではショップチャンネルだっ 購入者の推薦の声を聞いてしまったりすれば物欲に火が点いてしまったりするものだっ

視ていると自然に購入したくなる様な気になる

経済が発展する為には、持ってる人は使わなければ発展しない

書店や世の中の風潮を見ると ミニマムだとか 経済成長が鈍い時代で給料も上がらずに厳しい時代だと思う 若者の働く意欲も薄れるのも当然と言えば当然なのだっ 福祉の負担が追いつかない速度で予想がつかない事になってるから後手後手になってしまっている

すると、どうするかと言えば 必要な物以外は持たない 望まないという選択になる  これも仕方ないし、無駄を省くという考え方も悪くない

贅沢が慣れてしまえば それ以下な生活は出来なくなるからだ

何を持って贅沢かは解らないのだけれども

経済的に豊かな高齢者には貯金が趣味では困るのだっ。どんどん使ってもらわなくては成長などない

話が逸れてしまったが売る側は期限を斬る(決める)有りがちな事

だと思ったほうがいい。今しかとか本当に今しかない場合もあるとは思うのだが冷静になれば違う事もあったりする

割となんでも当てはめられてしまうのだが、営業下手で中々自分では出来てないものなのでだから駄目なのだと思う

逆に営業されちゃったりねっ難しいし、何でも知っている どんな質問も答えられる経験や知識がものを言うのだろう あの展示会のSさんがそんな感じの人だった