ローカルガイド6

よく行くご飯屋さんや美味しい所を見つけては星をつけさせて頂いているガイド5を目指していたのだが、知らない内に通り越していたようだ

コレって 私のコメントを見て下さってお店に来てくれたのかどうかは兎も角として 初めて来たのだから、わからなかったら聞くとかして頂けたら有難いのが

言葉が足りないのか何だか見ているともどかしい場面に出くわす 私なんか お喋り好きだから すぐなんでも聞くのだが 

コレって何か私にとってお得な事があるのかフト思ったのだっ。

と言うのもお気に入りの♨️に行けば貸切で入れず そう以前からひそかに人気があっただけなのに大人気となってしまっていたのだ 自分の首もしまっている感覚があったのだが、元々生まれ持っての知りたがり!で新しい物好きで好奇心が上回っているのだから 言いたくて仕方ない性格なのだ メリットとして自営しているHPを見つけ安い様にしてくれてたり、頼りになるシーンもあるが何もかも信用すると、とんでもない目に合う

タッパーを探して¥100均一ダイソーやキャンドゥを探して川まで越えて けっして盛っていない45分も歩く人は私位だろう 。どうしてもぼっけもんのステーキ肉をお持ち帰りしたかったのだ

やっと探して買って戻れば店は麺やスープが売り切れで閉まってしまっていた足は痛いし泣けてきそうになった

若年認知症なのか小学生の時にわすれ物の大将のなごりなのか3日間はタッパーを忘れたが 店主が気をきかせてくれて業務用のをわざわざ移し替えてくれてやっとお持ち帰りできたのである